安全性の高い整形方法

口元

注射一本で終わる良さ

メスを入れることがなく整形が行わることになり、女性が気軽にクリニックを訪れるようになったと言われます。そのプチ整形で代表的治療方法が、副作用の少ないボトックス注射です。注射された箇所の筋肉が動きやすくなるもので、加齢などによって硬くなってしまった筋肉をやわらげます。筋肉がリラックスすることで出来たシワ等が自然な状態に戻り、綺麗な肌になる方法です。このボトックスと言われものは、ボツリヌス毒素製剤の一つで、ボツリヌス菌が作るボツリヌストキシンと呼ばれるたんぱく質を薬として使用しているものです。このボトックス注射の良い所は、顔のあるシワを目立たなく出来るようにしたり、額や眉間のシワにも大きな効果がみられたりすることです。 また加齢の影響などから起こる頬の膨らみを解消させる効果も期待出来ます。膨らんでしまった頬の筋肉に注射をすることで、筋肉が萎縮します。そのことで、膨らんだ頬がほっそりとしたようになることで、多くの人が副作用の少ないボトックス注射を希望するようになりました。

ボトックス注射がもたらす効果は、急に出て来るものではありません。注射後数日たってから徐々に効果が見えて来ることが、一般的となっています。効果が完全となるまでは2週間はかかることになりますが、その後は安定した状態が続くことになります。ですが一生効果がある訳ではなく、3ヵ月とか4ヵ月もしくは6ヵ月たった頃から効果が薄れて来ることを知っておきましょう。人によって効果が続く期間にズレは出て来てしまいます。これは注入量などの量が違う場合や、体質によっても差が出て来る場合が考えられています。このボトックス注射は副作用が少ないことから、何度も繰り返しの注入が可能です。注入を繰り返すことで、今度は効果の期間も長くなるメリットが生まれることにもなり、シワ取りなどの持続も可能となっています。副作用が非常に少ないボトックス注射ですが、妊娠中であるとか授乳期間中であれば避けるべきものとなっています。また筋弛緩剤などを服用している場合も避けるべきものとなっています。