見た目をよくしたい場合

医者と看護師

利用する目的アドバイス

ボトックス注射を打つ場合には、副作用はあまりないとされています。とはいえ、あまりたくさん注射を打ち過ぎると副作用が出てしまう可能性もあるでしょう。どのような時に副作用が出てくるのかそしてどのような症状になるかを初心者ならばよく理解しておくことが必要になるわけです。例えば、ボトックス注射でよく利用されるのは小顔にするための方法です。小顔にするためには、筋肉を縮小させる働きがある注射を打つことが必要ですが、これがまさしくボトックス注射なります。一昔前は、骨が出っ張っていて顔が大きく見えるのではないかといわれていましたが、最近の研究によれば筋肉が肥大していることにより化大きく見えるとの研究結果が出たのです。このように、注射を打つことにより筋肉を縮小させますが、あまりたくさんのボトックス注射を使ってしまうと逆に顎の動きが無くなってしまうことが考えられます。そうすると、顎自体が動かなくなってしまい結果的に食事をするのも困難になることも考えられます。これを避けるために、本数は少なめにするのが一番です。

利用する目的は、顔を小さくすることがあげられるでしょう。顔を小さくするといっても、骨の部分に関してはどうすることもできないため、基本的に減らが張っている部分だけになります。この部分の施術する場合にはそれぞれ左右なおこの部分に注射を一本ずつ打ち込むことが必要です。そうすると、三日もすればある程度顔が小さくなっている傾向が見受けられます。次に、シワが発生してしまっている場合です。シワが発生している場合でも、表情筋に関係しているものだけに限ります。表情筋が動くことにより、シワが発生する場合にはボトックス注射によりその筋肉自体の働きを弱めてしまえばそもそも問題ないわけです。結果的に、シワができにくい皮膚になっていくでしょう。ただし、一つ問題があります。それはほうれい線のような表情筋と関係ないところでシワができる場合には、ボトックス注射自体はあまり使うことができません。副作用がある化問題になりますが、この場合でも特に副作用ありません。ですが、ほうれい線の場合には表情筋ではなく単に筋肉のたるみによりシワができているだけですのでヒアルロン酸などを利用するべきです。